赤い太陽の日3(後編)

2005.8.6 赤い太陽の日3(よみうりランド オープンシアターEAST)


ここからは、赤い太陽の日3(後編)です。

♪love & peace
♪恋人

ここでジャケットを脱がれたような?ジャケットの下がタンクトップの時は
絶対に、やだ!脱がない!!と言われた時も、以前はあった気がしますが、
今回はすっとジャケットを脱いでいました。
サーフィンなどで鍛えられて、日焼けした肌に、適度な筋肉で、
体の線も締まっていました。

ジャケットを取りにきた毛塚さんに、すぐに渡すように見せかけて、渡さない、
例のお約束(笑)で、少しリラックス。サンダルも脱いで
(足元がサンダルだったとは知りませんでした)
毛塚さんがサンダルは?とジェスチャーすると、持っていかないでときちんと揃えて
邪魔にならないところに置いていました。

昔は、どれだけ運動しても、足が臭うことはなくて、ほのかにラベンダーが
漂っていたらしい?徳永さんも、今では...(^_^;) なんてカミングアウトも。

♪僕のそばに

実はリハーサルで、僕のそばにのイントロなのに、君の青だったので、
あ、間違えたんだと気がつきましたが、
僕のそばに、本番で歌いだしが少し遅れたんです。

歌い終わって、歌いだしがどちらも"今"で始まるので本番で迷ったと、
少し照れたように、話されていました。
(翼をください、も"今"から始まりますね)

この曲、発売された当初から私にはかなり思い入れがある曲で、
(こだわり?については機会があれば..書くかも??しれません)
聞くことが出来て嬉しかったです。ゆっくり心に染みました。

歌を聞きながらも、
「ずっと(ココロの)そばにいてね...」なんて思っていました。(*^_^*)
ライブを終わってから、こういうことを思い出すと、少し照れますね。


~I'm Free~の前だと思いますが、徳永さんの思っていたタイミングで
演奏が始まらなかったので、メンバーを見渡しながら、「誰だぁ~?」なんて場面も。
リクエストの締切が遅かったから、リハーサルの時間が少なかったのかな...?

♪~I'm Free~

リクエストで2位の曲です。と徳永さんが言っても盛り上がらないので、
そんな、あ、そう~?(拍手)みたいな反応じゃなくて、ちゃんと反応して..みたいな
ことを話されたからか、イントロが始まると、今度は客席から大きな拍手が
沸き起こりました。

♪最後の言い訳

倒れる前のように、ラストでは渾身の力を込めて、体を折り曲げるようにして
歌われていました。なんだか、久しぶりに見た気がします。

歌い終わってから、徳永さん、

「これだけは言っておきます。次のツアーでも最後の言い訳を歌います。
野外でもいいんだけど、ホールで、照明が真っ赤に染まる中で歌うほうが
来た~って感じがするんだよね。」

思わず、私もそうそうと大きく頷いてました。この曲は野外よりホールのほうが
似合う気がします。でも、今回、敢えてこの曲を選んだ理由があったのだと思います。

MYLIFEの初日で歌われた最後の言い訳、この時は納得がいかなかったと
言われていた気がします。
次のツアーで、時間をかけて、新しい歌い方を探していかれるのでしょうか..

(MC & メンバー紹介)

メンバー紹介は古川さんから。

古川さん、サングラスされていたので、すかさず徳永さんから「何、色眼鏡してるんだよ?」と
ツッコミが入っていました。
色眼鏡といえば、昔は、悪いことをしたりしていると色眼鏡で見られる..なんて言ってたなぁ..

次は、飯室さん。さらっとすませたような気がします。

そして小田原さん。北欧のどこかに行かれるとかで、今年は、今回のライブが
ラストステージだそう。泣くマネをしていた小田原さんに、
徳永さん、「小田原、涙です!いいシーンです!」と実況中継(笑)

次は 大仏さん。

今回、長めだったのは、次のカバーアルバムアレンジャーの坂本さん。
昨年はアレンジ大賞を受賞しました!と紹介され、
8/6が坂本さん、40歳の誕生日で、それでマイクに赤いリボンだったそうです。
坂本さんがマイクを下に下げると、音を拾うのにいるから~と徳永さんに言われ、
ファンに一言!と話になって、徳永さんを見ながら話そうとするものだから、
徳永さん、そっと、坂本さんの反対側に移動していました。

徳永さんによる、坂本さん評では、徳永さんのバックで演奏していたときは、
カラーボール100個つけたような派手な格好をしていても、輝いてなかった。

輝くようになったのは、浜崎さんのアレンジをするようになってから。
今回のアルバムは瀬尾一三さんの後継者、坂本にお願いしました。

時折、坂本さんを大先生!と呼んでいました。

♪情熱

リクエストが100人くらいしか来なかった...(本当??)
リクエスト第1位がこの情熱だったそうで、でも、リクエストの少なさに、
徳永さんでさえ、「この曲でほんまにええのん?」と思ったそう。

♪Wednesday Moon

♪DAYS

♪oneness

みんなの弾け具合を見ながら、最後、大きく手を回して、テンポを早くしていく
徳永さん。歌い終わると、満足そうな笑顔で、一旦、舞台袖に戻っていきました。

アンコール、やっと座れるとほっとしたように、座っていく観客。
(今回、ずっと立ったまま聞いていました。いつもなら、スローな曲になったときに
座ったりしているのですが、MCも短めだったし、タイミングが取れなかったようです)
座るのはかまわないけど、私語がかなり多く、ざわついていて
拍手が揃わない...。隣の人、携帯で電話してたし..(^_^;)
休憩じゃなくて、アンコールなんですけど...?

昔、アンコールなしでツアーをされたことがある徳永さん。
今回だって、本編のonenessでライブ終了できる、ライブの組み方をされていると
思います。その時のことが頭にあるから、これでライブが終わってしまったら..と
不安がよぎってしまいました。

これまで準備してきたから、一応、アンコールしとこうか..ではなくて、
ライブ楽しかったし、良かったからアンコールしよう!とステージに戻ってほしい。
割れんばかりの拍手で、(拍手に)感動したよって、徳永さんや、メンバーさんが慌てて
飛び出してくれるような、迎え方が出来たらいいのに..と思います。


徳永さんはTシャツに、ジーンズの短パンでタオルを頭に巻いて登場。
本当は、ツアーグッズのTシャツを着るはずが、今回は、グッズも即、完売となり、
Tシャツが無くなってしまったそうです。

<DVD>今日はカメラ等でライブを撮っています。僕もよくわかってないんですが...
ここまで(お金をかけて)、記録だけ..はないと思いますが、20年とかに撮り溜めてDVDのBOXにするのかも。
ユニバーサルがやっと重い腰を上げてくれました。おーい、森~!!と徳永さんが呼んでるのに、
森さんがいない??本気出してくださいねー。

ラジオにリクエストしても、曲が届いてなかった...という話も聞きました。
今まで、ユニバーサル内の徳永さんのページは長いこと更新されず、放置されたし、
シングルやアルバムの発売発表も一番遅かったんですから!
(つい、先日、リニューアルして新しいシングルやアルバムのことを載せてくれました)
ちなみに、universal-music の徳永さんのページは こちら です。

本当に、しっかり頑張ってくださいねp(^^)q


<VOCALIST>

僕は、カラオケとかあまり行ったりしないんですけど、バーに入ったときに
恐いお兄さんが僕の曲を歌っていて、見つかったら歌わされるなぁ~どうしよう..
なんてこともありました。

去年、名古屋の Boy's Night と Girl's Night でピンクレディーとかを歌ったんですね、
ボーカリストとして目覚めました。
アルバムは、東西にユーミンと中島(みゆき)さんに敬意を払いつつ..選曲しました。
雑誌などの取材で、カバーは楽でしょう?と言われたけど、一度、ご本人の符割りどおりに
歌って、その後に自分の歌い方にしないといけないから、本当に難しかった。
家でも曲を聞きながら8分音符、16分音符、くぎ..ってやっていました。

アレンジャー(坂本さん)が、これは自分で上手く歌えたと思ってるところに、申し訳なさそうに、
「徳永さん、そこは、○×でなくて、○*です」とか、ディレクターが数日してから、メールで
「僕たちの仕切りが悪かったんですけど...、ここはこう直したい」と言ってきました。(^_^;)

自分が否定されたようでへこむんだよね..、(それを知ってるから)
みんなすごく(僕に)気を使ってる。
ボーカリストとして歌うのは楽しいけど、カバーするのは、10% 絶対に嫌だ。
音楽をやりだした頃、周りは拓郎さんの真似とかしてて、
コピーができないからオリジナルでやってるんだ..そこにすごくひっかかった...

いい作品に仕上がったので、ぜひ、買ってください..

優れたボーカリストでもある徳永さんですが、
これからも、カバーをすることはあっても、
オリジナルを軸として活動していく..という思いを強く感じました。

♪翼をください

元歌のままではなく、徳永さんの歌い方で届けてくれました。

オリジナルが この大空に、翼を広げ、飛んで行きたいよ~ だとしたら、
徳永さんは、この、大空に翼を広げ、飛んで、行きたいよ~ という感じ?

音は同じでも、それこそ、音符一つの差だったりするのでしょうか..

どこがどう違うとうまく説明はできないのですが、とても力強く、それでいて
伸びやかで、説得力のある歌になっていました。

目の前に広がる大空を見上げながら、歌詞にあるように、
本当に<悲しみの無い>世界がくるように祈りながら、
徳永さんも、大空に 翼をひろげて、自由に飛びたてることを願いながら聞きました。

love & peace、~I'm Free~、翼をくださいから、
愛と平和と、自由と夢が、今回のライブでのキーワードかな?と感じました。

今回の翼をくださいは、山本潤子さん(ハイ・ファイ・セット)のカバーですが、
山本さん、竹田の子守唄も歌われていたのですね。

次のライブハウスで歌われることがあったら、徳永さんと会場のみんなで
合唱したり..なんてあるのかも?しれませんね。

♪壊れかけのRadio

♪君の青

徳永さん、みんなも一緒に歌って..と、歌詞を教えながら、会場のみんなで
大きな声で歌いました。途中、徳永さんが大きく手を振り始めたので、
曲にあわせて、右に左にと手を振りました。

♪負けるな

今年もテープが仕込んであるけど、どこで使うのかな?と思っていたら
負けるなでした。

アルバムのままのイントロで、だんだんテンポが上がっていく前に、
徳永さんの負けるな~~!の声に合わせるように、金のテープが(裏は銀)客席に
放たれました。
自分の席までテープが届いたので、テープを取ってそのまま拍手したりしていました。
暗くなった会場に、たくさんの金のテープが揺れていて綺麗でした。


リハ前に友達から、雷雨注意報(警報?)が出てると聞いて、
ライブが始まった頃、少し雲が広がったような気がしたので
去年のようなことにならないといいなと思っていましたら
徳永さんや、皆さんの願いが通じたのか、涼しい風も吹く
過ごし易いライブでした。

徳永さんも、去年は雷雨だったけど、今日は涼しかったね、ここに地の神様がいるとしたら、
僕らの願いを聞いてくれたのかもと話されてました。

風が強くなると、ライトがかなり揺れて、ほんの少し心配してしまいました(^_^;)



ライブハウスの初日は..いつだっけ?と徳永さん。客席からは9/3、なんば~!と
声がかかる。
メモして聞いてるんだよ?...徳永さん、少しため息モードだったような?
前回の青い銀河の夜も、大阪からだったのを無事越えているから、
大丈夫ですよ、ね?徳永さん(^_-)-☆

夕日が沈み始める頃に始まったライブも、終わる頃には日が沈んでいました。

最後に、頭に巻いていたタオルを会場に投げ入れて、
気をつけて帰ってね、みんな、ありがとう~~と舞台袖に戻られました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回の赤3、あの曲達が一度に聞けることはまずないので、
贅沢なライブでしたが、ライブでおなじみの曲が多かったですね。
皆さん、ライブで印象に残っている曲をリクエストされたのかも?しれませんね。

しかし、ほんとに100名くらいしかリクエスト来なかったのですかね??
私が知っている人達は、皆さんリクエストされていたのですが...(‥?
徳永さん、時々、ほんとのようなほんとじゃない話をされるから、
どうだったのでしょう。
思ったより少ないことは間違いないと思いますが、真相はいかに?!

私が何をリクエストしたか書いていませんでしたね。
今回は、2曲リクエストしましたが、全部はずれでした。
間違いなく、コアな曲を選びすぎたせいでしょう。(笑)

結局、リクエストしたのは何?とお叱りの声が聞こえそうなので^_^;
白状しますと...

心の中はバラード と ライディーン でした。

ね、マニアックでしょう?(爆)
私がDEARからライブ参加なので、それ以前の曲で、これまで聞いたことがない曲の中から
選びました。

ライディーンはですね...、昔の会報にメンバーさんが(PRISM vol.9でした)
「今まで出した曲の中で最もヒュージョンっぽい」とコメントされていたので、
気になっていたからでした。(^^ゞ



内容が濃かったり、薄かったりのバランスの悪い超長文!にお付き合いいただき
ありがとうございました。

さて、次回は、The Best of Glow の鳥取です。秋のライブハウスツアーまでには、
今度こそトークライブまで書いて、次のライブに専念しようと思います。

それでは、また。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック