[シングル] My Life

今回は9/1(水)に発売された、徳永英明さんのシングル、My Life について、
感想など、気ままに書いてみます。

My Life について既に書かれている、
のっちさん麻里さん、トラックバックしますね。

My Lifeの通常版には、アルバム MYLIFE に(9/29発売になります)未収録の
[君と歩いていくんだ]が収録され、限定版には [My Life のPV]が収録されています。

My Life


徳永さんご自身も、素の自分のまま詩が書けたと言われていましたが、
詩を読んで、倒れても何度も立ち上がって、一歩ずつ歩いてきた
これまでの徳永さんの人生が、そのままに書いてあるな~と思いました。

知らないうちに、”~でないといけない”と自分を制限してしまって、
一つの考え方・行動に固執してしまうこともあります。
多分、何かの枠に自分をはめることで、自分らしくいられると
安心できるのかもしれません。

負けを認めることが、自分自身を否定することになるような
気がして、頑張り過ぎて、心が疲れきってしまう。
頑張れる力がある時はいいのだけど、それ以上頑張れない時も
あったりします。

そんな時、”ありのままの自分を受け止めることから
始めてみたら?辛いときは泣いてもいいよ、負けてもいいよ。
でも、自分を信じて、夢を持って、また歩いてみようよ。”

って、優しく穏やかに言ってくれているような気がします。

自分を信じて、夢を持って、立ち止まってしまっても
一歩でも前へ、歩いていけるようになれたらいいなと思います。


My Life(PV)


あるおじいさんが、大切な人からの手紙を待ち続けていて、
側で見守っている徳永さん(おじいさんには徳永さんの姿は見えません)が
おじいさんの心にある、ページをそっとめくり、
何かに気づいたおじいさんは、待つことを止めて、自分から
これまで手紙を待っていた人に会いに旅立つという、
人生のワンシーンが描かれています。

人生は一人一人が主人公で、どう生きて行くのか、それぞれが
選んでいくのだけど、そんな中、音楽を通して力になれたらいいな..という
思いが伝わってきたような気がしました。

PVを見ながら、ふと、私もPVのおじいさんのように、何度も、
様々なことで徳永さんの曲に助けられて、たくさんの力を
もらってきたんだなと改めて思いました。


僕が僕だけの救世主


新曲のタイトルを見た時に、一時期落ち込んでいたときがあって、
その時の答えをもらえたんだって感じました。
私にとって、徳永さんの曲は、生きていくためのヒントだったり、
時には励ましてもらったり、まさに"救世主"になってもらっています。

だから、この曲に関して、不思議と不安はなかったけれど、
赤い太陽の日2のリハーサルをされていたときに、初めて聞いて、
アップテンポな曲だと判って、嬉しかったです。

徳永さんは、赤い太陽の日2の時に、
「負けるな以来の曲」と紹介してくれました。
アップテンポだけど、たくさんのメッセージが込められていて
何かに迷っている時に、笑いながらそっと背中を押してくれるような、
手を取って、そっと導いてくれるような曲だと思いました。

"走り抜ける"イメージををアレンジしたら、こうなるのね..というような、
ドラムやギターの効いた、スピード感のある、古川さんのアレンジで、
ちょとした悩みとか、聞いている間に吹き飛ばしてくれそうです。(^^)

ライブで、どんな曲と一緒に聞かせてくれるのか、楽しみな1曲です。


君と歩いていくんだ


この曲、これだけストレートに言われると、どきどきしてしまいます。

「最後の言い訳」と「僕のそばに」を足して割ったのが
「君と歩いていくんだ」のイメージというと、少しはどんな曲か
お分かりいただけるでしょうか?(逆にややこしいかしら ^^;)
My Life とこの曲は、バラードです。

私の場合、辛いことがあると、"お願い、泣かせて.."って
「僕のそばに」聞いて、思いっきり泣いてますが、この曲も、そうなりそうな
感じです(^^ゞ

聞いているうちに、君のそばにいるよ...、いつも見守ってるよ..で、
自分を受けとめてもらえていることを感じて、気持ちが落ちついてくるという..。

落ち込み度が軽い時は、「僕が僕だけの救世主」で立ち直れるような
気がしますが、かなり落ちこんでしまったら、「僕が僕だけの救世主」は
最初には聞けない気がします。でも、「My Life」 から順に聞いて、
「君と歩いていくんだ」の流れなら、少しずつ癒されていきそうな
気がしています。


今回のシングルかアルバムに、復帰後最初に、「君をつれて」が
発売される前にあったスタッフの結婚披露宴で、披露された曲が収録
されたそうで、どの曲なのかな~?と気になっていまして、

最初に私が思ったのは、この「君と歩いていくんだ」でした。

大事な場面でこそ、聞いてみたいですよね?この曲を。

9/29に発売されるアルバム「MYLIFE」から挙げれば、
「四葉のクローバー」、「愛はどこにある」、「太陽」
も素敵かも!と勝手に予想しています。(タイトルのイメージだけです)


ふと、なぜ、「僕が僕だけの救世主」になったのかな...と考えてみました。

何か壁に当たってしまったとき、解決する手前まで
回りの人も、こんな方法があるよ?とか手伝えるけど、
最終的には自分でどの方法を選ぶか決断して、自分でその扉を
開けないと、壁は超えられないのだろうと思います。

だから、"僕が僕だけの救世主"で、"君が君だけの救世主"なのかな。
自分の力で越えてゆけるよ、応援しているよ。
というメッセージになっているような気がします。

でも、スローなバラードにして、

"君は僕の救世主"とか"僕が君の救世主"の詩だったら、
「困難な時も二人で助け合って、これからを歩いてね」
と祝福のメッセージになったりしませんか??

もしかしたら、「僕が僕だけの救世主」も考えられるかも?(^-^;)

ヒントは結婚式ではピアノの弾き語り。
そして、力を抜いて歌う曲。

しかし...考えれば考えるほど、「My Life」も使えるかも?と
判らなくなってしまいます。
アルバムの解説が出るのを待ったほうが、賢明かもしれませんね。


なんだか、今回は感想を書いたのやら、人生論を書いたのか
わからなくなってしまいました。
いつかは、実際に曲を聞いてみようかな?と思っていただけるような、
文章が書ける日が来るといいのですが...。


最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

のっち
2004年09月10日 23:29
こーみさん、こんばんは☆
トラックバックしてくださって恐縮です★
もっとしっかりとした感想を書けばよかったと
今ちょっと後悔・・・(;´▽`A``
こーみさんはさすが、自分の思いをしっかりと書かれてますね。
私が共感したのは・・・

  発売される前にあったスタッフの結婚披露宴で、披露された曲が収録
  されたそうで、どの曲なのかな~?と気になっていまして、
  最初に私が思ったのは、この「君と歩いていくんだ」でした。

のところ。私も実はそう思ってたんです。真相はいかに?!
こーみ@管理人
2004年09月10日 23:51
のっちさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
最初、記事をアップしたときに、urlを間違えて、
トラックバックできない?..と慌ててしまいました。
My Lifeで書こうと決めるまでは早かったのですが、
言葉にならなくて難しかったです。
アルバム発売まで2週間と少し。早く聞いてみたいです。
麻里
2004年09月11日 00:17
こーみさん、こんばんはv
先日は私の日記にコメントありがとうございましたーvvv
そして今回トラックバックまで…本当にありがとうございます!
こーみさんの記事を読んでいて、PV見ていないことに気付きました。
わー。これは見なくてはー!とっ。見るのが楽しみです。
赤い太陽の日2にも参加されていらしたとのことで…
同じ会場で時を共有していたなんて…ドキドキです*
また遊びに来させて頂きますねーvvv

アルバム発売、本当に楽しみです…!
こーみ@管理人
2004年09月11日 08:34
麻里さん、訪問ありがとうございます。

普段は、通常版をリピートで聞いているので、初回版が
保存用になっています^^;
PV、徳永さんの表情が優しくて素敵です。楽しんでくださいね。
赤い太陽の日2、雨になったけれど、素敵な時間でしたね。

またお時間があるときに、遊びにきてくださいね(^_-)-☆

この記事へのトラックバック