赤い太陽の日2

珍しく、1日に2本のアップとなりました。
気がつけば、かなりの長文となってしまいました。

お時間があるときに、ゆっくりどうぞ...。

2004.8.7 赤い太陽の日2(よみうりランド オープンシアターEAST)

 

よみうりランドでの徳永英明さんのスペシャルライブ、赤い太陽の日2に
行って来ました。

今回の赤い太陽の日2は、楽曲の逆襲!となっていまして、
最近では歌われることがなかった曲、定番の曲を交えた構成となっています。

もう、リハーサルが始まったかな?と足早に、会場に向かっていると
輝きながら…のイントロが聞こえました!
良かった、リハーサルに間に合いました。

リハーサルでは、輝きながら…、新曲のMy Life、レイニーブルー、
こちらも新曲の僕が僕だけの救世主、壊れかけのRadio、
振られるなんて、抱きしめたい、最後にRevolution が歌われました。

時々、最初からやり直したりしながら、1時間くらいは
リハーサルされていました。

そうしている内に、開場の時間となりました。
すぐには会場に入らずに、友達としばらく話してから入場して、
別の友達の所に行ったりしていました。

会場の入場口のそばに、門があって、その門を前回は
撮ってこなかったので、今回はと思っていましたが、
門だけうまく撮れそうも無く、そのまま入場しました。
門の前には、徳永さんへ届けられた、ひまわりなどの鮮やかな
お花が飾ってありました。

自分の席に座ると、正面には、(ドラムセットの後ろ)
Hideaki Tokunaga Special Live
Akai Taiyou no Hi 2 と白地に赤で書かれた幕があり、
舞台中央(徳永さんのモニター付近)の床に、今回のライブロゴが
描いてありました。

前回の赤い太陽の日と同じ場所に、楽器がセットしてありました。

会場には、浴衣を着た人、サッカー日本代表のシャツを着ていた人、
オリンピックのTシャツ、グループでお揃いのTシャツを着ていた人など、
様々です。

今回、入場時に、先によみうりランドで撮影された、写真を使った
徳永さんのアルバム・シングルの全曲リストをいただきました。
どのアルバム(シングル)に収録されているかも記載されているので、
これからかなり重宝してくれそうです。

よみうりランドに着いた頃は、薄曇りだったのですが、
開演時間が迫るにつれて、黒い雲がだんだん増えてきました。

一応、レインコートを用意していましたが、週間天気予報では、
雨が降るようになっていなかったので、雨にはならないだろうと思っていました。

ただ、会場内の係員には、ライブ開始前にレインコートが配られ
楽器やマイクなどの最終確認をスタッフがしている時、
モニターのスピーカーに(防水?)スプレーをかけたりされていたので、
雨が降る確率がかなりあったようです。

ライブ開始時刻となり、少ししてライブに関する諸注意のアナウンスが流れ、
定刻から10分くらい遅れてライブが始まりました。

メンバーは、去年の赤い太陽の日と同じで、

キーボード 西脇さん、ベース 高水さん、
ドラム 小田原さん、ギター 飯室さん、古川さんです。

徳永さんの髪は短く、髭も短く整えられていました。
日焼けはされていますが、写真撮影された頃は、本当に真っ黒ですが、
少し落ちついた色に見えました。

衣装は、ガンジーの絵が書かれたTシャツに
(徳永さん曰く、ドラムの小田原さんに似てる)
白地に黒の線が幾何学(蜘蛛の巣?)のようなひざ下くらいのズボン、
白の靴下に黒のスニーカーでした。


ライブの内容に入る前に、ライブのリストを先に書いておきます。

曲の順番まで覚えられなかったので、ML等参考にしています。

(曲名)
Revoluthion、振られるなんて、抱きしめたい、
輝きながら…、Tenderly、僕の憂鬱、太陽がいっぱい、
*My Life、レイニーブルー、Wednesday Moon、 負けるな、    
セレブレイション、君をつれて、oneness

(アンコール)
*僕が僕だけの救世主、壊れかけのRadio、Melody-永遠の鍵-

*My Life、僕が僕だけの救世主は、9/1に発売される新曲です。


ここからは、ライブの内容になります。MCに関しては、
違う場面でのものもあると思います。

開演間もなく、雨がぽつりぽつりと落ち始め、太陽の少年の頃には、
完全に雨になり、最後には稲光、雷まで鳴る、雨のフルコース!
天気まで、演出に加わってしまうとは、もう...、お見事です。(笑)

雨の中、最後までライブができて、本当に良かったです。
雨が嬉しい思い出になるのは、初めてです。

徳永さんが、最初は、サングラスをかけて歌われていましたが、
3曲くらい歌った後、サングラスを外してくれました。

♪Revoluthion

今日はサッカーがあるので、早く帰って、サッカーを見ます。
サポーターのTシャツを着ている人達も、早く帰ってサッカー観戦でしょう。

今回、昔の音のままでやっています。
半音とか下げて歌うほうが、いい声で届けられるんだけど
なんでそのままでやっているのかわかりません。
終わったら、何かご褒美があるということかな。

♪振られるなんて、抱きしめたい 

抱きしめたいは福岡(海の中道海浜公園)でやって以来だそう。

最初からアップテンポな曲だったこともあり、照明の林さんに
「照明が暑い」と言われていました。この段階で、徳永さんも
かなりの汗をかかれていました。

MC中に戻ってきた女性を見つけて、顔だけステージに向けて、
歩く様子をマネしながら、

かわやですか、俺のMC長いもんね。
欧米女性は胸を張って歩くのに、日本女性は、ひざから下だけで
歩くから良くないよね。
(実際に比較して歩いて見せる)step,step,..と
最後はデューク氏のウォーキングまで。

ちょっと見ただけで、再現されるのは、普段からよく、
観察されているからなのでしょう。

「ゆっくりした曲を歌うので座ってもいいよ。」の一言で、客席全員が
座ります。

DAKARAのCMに新曲でなくて、輝きながら…がCMに使われるのは、
2日前に知りました。俺の口が軽いから..ということではなくて、公正にと、
うるさいみたいです。

小便小僧がバレーしているんだもんね、当時、富士フィルムのCMを
聞いていた人達が偉くなって、今回使ってくれるようになって、
長生きしてみるもんだね。

あれは、スポーツをやっている人が飲むといいけど、
スポーツしない人がたくさん飲むと太るよ。

♪輝きながら…、Tenderly

Tenderlyは(DEAR以来)やってなかったんだ。やったライブあったっけ? 
と会場に問いかける徳永さん。

(私が残しているメモを見た限りでは、徳永さんの記憶どおり、
この曲は歌われていません)

当時、この曲は嫌いだったんだ。 
嫌いな曲は、歌われる機会が減ってしまうのですね....。

ちょっと古い曲をやるからね。何だと思う?会場からいくつか
声が上がって、レター、おしい!〇〇..それは最近。と
やり取りを楽しまれていました。
私、その時点で既に思考回路が止まっていたので、曲名、
一つも思いつきませんでした(^^;)

♪僕の憂鬱、太陽がいっぱい  

太陽がいっぱいじゃなくて、雨降ってるやんか。
徳永さん、雨が降るを口ずさんだりされてました。
雷が鳴っても、祝福だと思ってください。

ここで9月に出る新曲を聞いてください。

♪My Life、レイニーブルー     

MyLifeはしっとりしたバラードで、
昔は泣きたい時に、泣いていたのに、泣けなくなった

のような歌詞が一部あった気がしますが、頑張って
自分の道を歩いていこう...という内容だったと思います。

レイニーブルー、ピーカンの中で、歌うようにならなくて良かった...
デビュー前に湘南でマリンブルー音楽祭があって、レイニーブルーを
歌うはずだったんだけど、いい天気の時に、雨の歌はダメだと
言われて、マジックという曲を歌いました。鈴木キサブローさんや、
(JCMの)山内さんもいて、社長は、頭を抱えていました。
実は、音楽祭が始まる前に、内々で(徳永さんがグランプリと〉決まっていて
グランプリを取れました。受賞者の紹介の時に、司会者に1000円を渡して、
グランプリは、徳永英明さんで、『レイニーブルー』と言ってもらいました。

なんて、当時の事情を暴露してしまった徳永さんでした。
業界ではいろんな裏事情があるとはいえ、本当に、初めて知って
びっくりでした。

(徳永さん、客席から見て左側にいる人を指差して)
あそこにいる、向井は当時のマネージャーだったんだよ。
俺の給料が5万で、マネージャーが3万5千円。あの頃は貧乏だった。
Radioのシャツ着て写っているのは、あれ、弟の服です。

徳永さんが何度も向井と呼ぶので、最後には向井さん、
徳永さんから影になるところに隠れてしまいました。

河口(恭吾)くんには、感謝しています。
おかげで、徳永英明の名前が改めて知られるようになりました。
今は、レコード会社も、美味しいもの食べられるようになったけど、
昔の曲で食べています..

人がされると嫌なことは人にしちゃいけない。これは、人から教わりました。
でも、日本人は、3日しか持たないんだよね。

今日は乗り物、乗った?入園料も込みでお徳でしょ?
俺は乗るより、見てるほうがいい。観覧車なんて、飛び降りそうになる..
あれ、なんて言うんだっけ?ブランコみたいのとか..怖かったー

確か、徳永さん、高所・閉所恐怖症でしたよね。

私は、別のところで、ブランコみたいのに乗ったことがありますが、
単純に回されるだけなんだけど、かなり気分が悪く、足もガクガクになりました。
 
♪Wednesday Moon、負けるな    

負けるなだったか、蛍光色のテープが大きな音とともに、
会場へ放たれました。
そこなんて、(前の方を見ながら)きゃーって驚いてたけど、
子供は驚いてなかったね

最前列に、小さなお子さんがいて、何度か、少ししゃがむようにして、
子供の顔を見ながら、徳永さん優しく、話しかけたりされていました。

♪セレブレイション

急遽、「打ち合わせさせて」とメンバーさん達と何か話して
今日、良かったから1曲追加します。歌える人は歌ってね、と
君をつれてを追加してくれました。

♪君をつれて

時々、マイクを客席に向けて、徳永さんと会場のみんなで
一緒に歌いました。

この曲、AXのライブから、黄色い幸せの種にかけてのツアーで
歌いこまれて、みんなの歌になったというか、一番成長した曲だなと
改めて思いました。

♪oneness

~アンコール~

徳永さん・メンバーさんとも、赤い太陽の日2のTシャツに着替えて
いつもより早めに、ビデオカメラを手に登場。

えーと、カメラを右で持つと、マイクは左に持たんと...。
と落ちついたところで、後ろの幕に向かう徳永さん。

ダックンイエメン(中国語で徳永英明)言いながら、
今日は...8月7日。とサインを。

正面に戻ってきて、

この画像を、オークションかなんかで1名にプレゼントと言った途端に、
会場からブーイングが。

これ、いる?(客席:ほしーい)こんな大きいのどうする?
蚊帳にでもするか。

ライブ後にメンバーさん達がサインされて、いずれ、どんな方法かは
未定ですが、プレゼントになるそうなので、楽しみに待っています(^^)

これから会場を撮ります。写りたくない人は、言ってください、
あとでモザイクかけますんで。と、会場の様子を撮ろうとしたら、バッテリー切れで。

「木村~~!お前がいろいろと写してるから~」ってステージ上から
木村さんを叱ってました。
スタッフが慌てて他のカメラを差し出すも、どうもよくなかったようで。

限られた時間の中で、時間が無駄になったのが悔しかったんですよね?
徳永さん??

気を取り直して、雨が降ってるし、雷も鳴ってるから、とっととやってしまいます。
雷に打たれて、死亡なんてシャレになりません。

久しぶりに負けるなのようなアップテンポな曲が書けました。
聞いてください、僕が僕だけの救世主。

♪僕が僕だけの救世主

アップテンポだけど、ちゃんとメッセージが込められていて、
何かを迷っている時に、笑いながらそっと背中を押してくれるような曲だと
思いました。

箱の森までは、みんな座って聞いていたのが、
台風の目に入って、あれからみんな盛りあがったよね。みんなも変わったよ。

♪壊れかけのRadio

俳優の養成学校に行っていた時、(TBSの緑山塾)で最後に、
プロモーションビデオを撮るのね、
ある女優は、『私は真っ白なキャンパス。新しい色に染めて...』とか
言っていて、自分の番が来た時、『徳永英明です。』(少し舌たらず風に)
当時、サシスセソが言えなかったからねと自分でツッコミつつ
『5年後、僕は、武道館で興奮の坩堝の中、歌っていたい...』と言ってた。
まだバンドも組んでなかったのに。

5年後、実際に武道館で最後に歌った曲を歌います。

♪ Melody-永遠の鍵-

今日はありがとう。秋から全国各地に行きます。来れる人は来てください。
また会いましょう!

メンバーをステージ前に召集する徳永さん。

これから、僕やメンバー・スタッフの健康と活躍、
皆さんの健康を祈って三三七拍子の一本締めを行います。

と一本締めをやりかけて三三七拍子になり、改めてしきりなおし。

これから、僕やメンバー・スタッフの健康と活躍、
皆さんの健康を祈って一本締めを行います。皆さん、お手を拝借。
よぉ~~

パン!

今度は、きれいに拍手が揃いました。
何度もありがとうと言いながら、笑顔で手を振って、メンバーと
舞台袖に帰られました。


ライブ中の徳永さんは、素敵な笑顔でいっぱいでした。
照明が当っているからというだけでなく、輝いていました。
また新しい夢に向かって、歩き出されるのですね。

徳永さん、メンバーさん、スタッフの皆さん、
楽しく、充実した一日を過ごせました。
本当にありがとうございました。


そして、かなりの長文を最後まで読んでいただいた
あなたに、ありがとう....。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

~風音~
2004年08月09日 19:38
長文レポ、ありがとう~ <(_ _)>
徳永さんの姿が目に浮かびます (*^^*)

昨年の赤い太陽の日は復活祭
私達にも一抹の不安がありましたよね。
でも今回は初めから楽しんじゃう!!ライブでしたね。

そして、前回はそれと無しにメガネの予告してたのに
今回はいきなりサングラス??  やっぱ、天邪鬼ね。
天気予報、ハズレでしたね。いい意味で裏切られた…
大好きな徳永さんといっしょの空間だから
雨も忘れられない思い出の一ページを、ステキに演出と思えるんだよね。
こんなところに、野外の魅力があるのかも知れないね。

9月発売の新曲、楽しみにしています。
こーみ@管理人
2004年08月09日 20:15
~風音~さん、早速読んでいただいてありがとうございました。
去年はまだ肩慣らしでもいいと思っていたから、フルライブに驚いて、
もう、完全に歌えるんだよって、歌で証明してくれました。
今年はいきなりRevolutionだなんて、全く予想していませんでした。
それにいきなり登場したときから、サングラスなので、もしかして、ずっとかけたままなの?
と一人心配していたら、外してくれて、外した瞬間、思わず拍手しちゃいました(^^ゞ
去年と同じのだったか、思い出そうとしているのだけど、同じような、違うような...。

新曲発売まで、もう、1ヶ月を切っていますね。早く聞けるといいですね。
NのJ☆
2004年08月09日 21:20
こーみさん、私のブログへのコメント書込み、有難うございました。(ブログ名:「T」が最新アルバムでなくなる日) 書込みを見て、早速こちらに遊びに来てしまいました!

こーみさんのレポ、とても精確なレポでビックリしました。また、読んでいてあの時の感動が蘇ってきました。素敵なレポを有難うございます。これだけのレポを書くのはなかなかできないことですヨ。(^^*)

それにしても、土砂降りのライブだったのに、雨が降っていることが嬉しいと感じるライブでしたね。その気持ちを多くの人と共有できたのは本当に幸せなこと。これからも好きな音楽を思いっきり楽しんで、どんどん"生きる糧”にしてゆきたいと思いました。
のっちん
2004年08月09日 21:38
こーみさん!私もさっそく拝見しました!
感動・・・ふたたび!って感じです!ありがとう♪
それにしても・・・あのようなステキなお席で(笑)壊れきってしまう事なく、ちゃんと德ちゃんの、思いや
メッセージをうけとってる・・・って感じがして、「さすがです!」
私にとっても、あの雨と雷と稲光・・・とともに、絶対に忘れられない最高のライブになりました~!
hana
2004年08月09日 22:44
こーみさん
お疲れさまです。。。すごく詳細なレポ、ありがとうございます~
そういえば一本締め、やりましたね。。。もう記憶喪失になってる。。。(--;)
私にとっても忘れられないライブになりました。
秋からのツアーがすごく楽しみです。また参加本数が増えたりして。。。
筋肉痛にはなってませんが異常に肩が凝ってます・・・
こーみ@管理人
2004年08月09日 22:55
NのJ☆さん、早速遊びに来ていただいて、ありがとうございました。
ここ最近blogがなかなか読めなかったので、どなたか参加された方が
いらっしゃるかな?と思っていて、偶然、NのJ☆さんの記事を読ませて
いただいて、本当に嬉しかったです。
書いた後では、トラックバックできないのが残念でした。
NのJ☆さんのように、音楽やライブから、たくさんの種を育てて
いきたいと思います。
こーみ@管理人
2004年08月09日 23:14
のっちんさん、お帰りなさい。長旅、お疲れになったことでしょう。
今回、自分でもこんな長文になって驚いています。最初、ここの記事の限度(6400字)
オーバーして、少し削って収まりました(笑)
あの席だったので、記憶喪失になって、とっても素敵なライブでした!
くらいしか書けないかもって書くのが怖かったです。(^^ゞ
こーみ@管理人
2004年08月09日 23:19
hanaさん、ツアー第3弾がどうなるのかも楽しみですね。
私も、参加本数が増えそうです(*^^)♪ 
あ、第3弾の心配をする前に、第2弾の申し込みをしなくっちゃね!
のっち
2004年08月12日 12:16
ライブからもう5日たってしまいましたが、レポを読んで
改めてあの感動と興奮に酔いしれてます☆
私が忘れていた部分や違った見かた感じ方、
参考にさせていただいて・・・また自分のレポも直しちゃおうかな♪
やっぱり感動したライブは記録と記憶に残しておきたくなるものですね☆
こーみ@管理人
2004年08月12日 22:18
のっちさん、ライブ前は長い時間のような気がするけれど、ライブ当日や、それからってあっという間に過ぎてしまいますね。でも、今度は、シングルや、アルバムの発売、そしてツアーが待っています。
またあっという間に”その日”が来るのかなぁ...。今から楽しみにしています。
のっちさん、参考にだなんて、とても光栄です(^^ゞ
私、時々、とんでもない勘違いしていますから、使えるところだけ使ってくださいね(笑)

佳恋
2004年08月16日 20:48
こーみさんほんとご無沙汰しています。8月7日のライブ徳永さんも
こーみさんも笑顔いっぱいって感じでしょうね。こんな素敵なファン
に支えられて、徳永さんも幸せです。私もその感動分けていただきました。
こーみ@管理人
2004年08月16日 21:38
佳恋さん、コメントありがとうございます。
ライブ中、徳永さんずっと笑顔で、嬉しそうで、ライブを楽しんでいるのが
本当に伝わってきて、幸せな時間でした。私も当分は笑顔でいれそうです。
黄昏
2004年08月21日 08:38
こーみさん、もう、2週間がたちましたね。
もっと早く、レポの感想カキコしたかったんですが、遅くなってごめんなさいね。
やっぱり、こーみさんのレポはよくできてますね~
あの時の、あの会場の空気感が甦ってきます。
雷雨に中、誰1人帰る事なく、最後の1本締めまで、燃えつくした、徳ちゃんと私達・・・
この思い出は、又、徳ちゃんと私の思い出として心にいつまでも残っていく事でしょう
これからの、新しい徳ちゃんのツアーのレポ、楽しみに待っていますよ・・・
本当に有難うね
こーみ@管理人
2004年08月21日 12:17
黄昏さん、あの日からもう2週間が過ぎました。早いものですね。
別のところで黄昏さんのレポを拝見しましたが、とても素敵でした。
いろいろな人のレポを見ると、個性がそれぞれに出ていて楽しませて
もらっています。
伝えないといけないなと思うことが伝えられなかったり、余計なこと
書いているときもあるかもしれませんが、これからもよろしく
お願いします。
fukko
2004年08月26日 16:04
いけれなかった7日のこの日に、こーみさんが
連れて行ってくれたようです。
目に浮かぶような徳ちゃんの言葉一つ一つが
多少なりとも今まで行ったLIVEでの徳ちゃんの顔を
思い出しながら読む事ができました。こーみさんありがと。
素敵な夜を満喫してきたんですね。(*^_^*)
こーみ@管理人
2004年08月26日 22:19
fukkoさん、こちらにもありがとうございます。
抜けているところもろあるけれど...、ライブの様子、感じてもらえたようで
嬉しいです。本当に素敵な時間を過ごさせてもらいました。
9月からはプロモーションも始まりますね。fukkoさん、参加できたら
今の徳永さんを、たくさん感じてきてくださいね。

この記事へのトラックバック