赤い太陽の日

この前太陽の少年書いたので、順番では bless ですが、
先日、よみうりランドでスペシャルライブ、赤い太陽の日2が
あったので、先に、去年の赤い太陽の日を書きます。

このレポ、いつも私がお邪魔しているサイトの別館に
ライブ後に書いたものを掲載いただいていますので、管理人さんに
転載のお願いをしたところ、快くお許しくださいました。

今回は、以前作成したレポに、ほんの少し手を入れてお届けします。

ただ、先日の赤い太陽の日2で、徳永さんが、前回の赤い太陽の日の後、
ファンサイトでいろいろ書かれました...とおっしゃってたばかりなので、
少し気が引けますが...(^^;)


今回の赤い太陽の日2は、このあとアップしますね。


2003.5.18 赤い太陽の日(よみうりランド オープンシアターEast)



この時は、徳永さんがもやもや病から復帰されて初めてのフルライブでした。
(復帰後すぐに行われたAXのバースデーライブは、1時間)
愛をくださいのアルバムを中心とした構成になっています。

<リハーサル>

よみうりランドへはゴンドラで入ったけれど、空から、スタッフの人達が
準備しているのが見えました。

ランドに入ったのは、11時過ぎで、なんやかんやで
12時頃、会場近くの広場へ。(途中、垣根から会場を覗いたりして・笑)

メンバーさんがサウンドチェックしていたのか、音が聞こえて…
そうしていたら、声が。あの声、徳永さんだよーってみんなと
話になって、本当に徳永さんも入ってのリハーサルが始まりました。
姿は見えないけど、それでも本当に嬉しかった。

そっか、この曲もあるんだ~とか、既にきゃーーです。

リハーサルされていたのは、
愛をください、愛の力、七色の花、せらぴすと、大宇宙
輝きながら… などでした。

フルコーラス歌ったり、時々…してなんて、徳永さんがメンバーや
スタッフに指示をしていたり、こんな風にリハ―サルするんだなって
幸せにひたりながら1時間位、聞いていました。

そうするうちに、開場の時間に。

入場口では、芝生席と指定席に別れていて、受付のテントの
後ろには「極楽門」。
遊園地にお寺の門なんて、ちょっと周りとは違う空間になっています。

チケットの半券を切ってもらって、カメラチェックが終わると、
赤い袋に入った記念品をいただきました。
(Tシャツと、バリ島でのプライベート写真が満載のパンフ)

会場では、イマジンとか、バリ風?の音楽が流れていました。

ホールのようにどん帳がないので、既に、楽器などが見えるのだけど、

客席から見て、一番左にキーボード、中央がドラムセット、右側にギターが2台
ありました。
ステージ奥の中央には、赤、黄、オレンジで描かれた円状のセット。
(私は、太陽だなと思いました)

そして、携帯の電源を切ってくださいとか、雨が降った場合、傘は使用
できませんという諸注意のアナウンス。

15:10頃、ライブが始まりました。

メンバーさんが位置について
(客席から見て左から、キーボード 西脇さん、ベース 高水さん、
ドラム 小田原さん、ギター 飯室さん、ギター 古川さん、
一番右には、スタッフのブース)

中央には、徳永さん。衣装は、君をつれての、ヘンプの上下、
ジャケットの下にはベージュの長袖Tシャツ。
左側(しつこいけど、客席から見て)のウエストあたりに、赤い房の飾り。
頭の後ろに細い茶色のエクステンション。

(曲名)
愛をください、愛の力、あなたのために、せらぴすと、愛のヒキガネ、
七色の花、reset、輝きながら…、大宇宙、君をつれて、oneness、
ROUGH DIAMOND、負けるな、love&peace

(アンコール1) 愛のカタチ
(アンコール2) 夢を信じて、君の青、愛をください(ワンフレーズ)

1 愛をください

普通、野外だと声も吸収されてしまうのかなと思っていたけど、  
本番もすごく声が出ていてどこまでも広がって行くようで、
本当に聞いていて気持ちが良かったです。

いつも、最初の3曲くらいまで緊張すると言われる徳永さんですが、
FC限定のライブCDを聞くと、いつも以上に緊張された徳永さんの声でした。

実際にライブ会場やDVDを見ていると、映像に気を取られているのか、
気がつきませんでしたが、見えないから、逆に感じられることもありますね。

それから、中盤の

「もうあの日の僕に帰れない もうあの日の僕に帰らない」という歌詞を、

「もうあの日の僕に帰れない もうあの日の僕に帰らないから」と
歌われましたが、復帰されるまでの思いや、これからに向けての決意が
”から”に全て込められているようで、赤い太陽の日バージョンの
愛をくださいが私は好きです。

2 愛の力
            
3 あなたのために       

最初のから、愛の力、あなたのためにが聞くことができて
嬉しかったです。

こんにちはー徳永英明です。今日は復活祭です。
最後まで楽しんでください。

ピン(ピンスポットのライト)が暑いんだけど。

今日の衣装は何人でしょうね。
アフリカ人、宇宙人、いろいろ入っているから...


ステージ上が暑いようで、1曲歌い終えるたび、
いつもより多めに水を飲まれてました。

4 せらぴすと

後から歌われる大宇宙もだけど、後半の西脇さんのハーモニカ、
とても上手でした。

5 愛のヒキガネ      

一人一人の顔を見ながら、やさしく語りかけるように、走りださなくたっていいさ...と。

6 七色の花 

7 reset

アルバムで聞いたときに、ライブ向けの曲だなと
思っていたけど、ライブのほうがいきいきとしてました。

<メンバー紹介>

(右から順に)
ギター 古川昌義、ギター 飯室 博、
ドラムス 小田原 豊、ベース 高水(大仏)健司
キーボード 西脇辰弥

高水がなんで大仏かは、子供がたくさんいる前では言えません。
逮捕されたくないし。(客席:言ってー)
じゃ、言います。中学校の修学旅行で同級生が「ダイブツ」と言ったそうです。

(客席から徳永さんは?)小仏(こぼとけ)です。どうせ俺は小仏だよ。
(飯室さんは?)お地蔵さんです。
あーあ、後でお母さん、大仏って何?って聞かれるよ。

4曲も続けて歌うなんて、2年ぶりです。

野外だと明るいから、どこ見て歌ったらいいのかわからない。
野外よりもホールで、あそこは16歳くらいかなと、想像しながら歌うほうがいい。
でも、みんな魂は若い!
俺?年老いてるから…

今日、照明暑いよね?とメンバーさんに聞いて、ピン(ピンスポット)
がまぶしい…。こんな生活していたとは...。これじゃ目も悪くなるわけだ…
ヘンプは保温性があるから、蒸れるんだよとジャケットを脱いで
スタッフに。ここはお茶目な徳永さん、すぐには渡さないのでした。

今日はくもりだから(メガネ)かけてないけど、持ってきているんだよね。
かけてもいい?(客席:かけて~、ダメ~など)
あのね、なんかのゲームじゃないんだから。でも、かけるぞ。

(サングラスのようなメガネをかける。客席、ちょっとブーイング)
やっぱりな~、お前らダメっていうと思ったんだよ。
普通のを持ってくれば良かったんだけど、忘れました。

クリップボードを読んだときは、メガネかけてもいいよ...と思っていたけど、
実際には、似あっていない訳ではないんだけど、メガネかけないほうが
やっぱりいいと、私は思ったのでした。(^^;)


それでは、少し座って聞ける曲を歌います。

8 輝きながら

ピアノを中心にゆったりと。

9 大宇宙

10 君をつれて

11 oneness

ライブバージョン、凄いのひと言です。

12 ROUGH DIAMOND

ROUGH~のとき、武田鉄也さんの髪をかきあげるマネをしながら、
武田さんの口調で歌っていました。

AXのライブでは、この曲が入ると予想していたけど、
今回は予想していませんでした。
徳永さん、西脇さん二人揃って聞けて嬉しかったです。


イントロが始まって、ちょっとだけよーと言いながら

13 負けるな  

最初のパートはスローなバラード、
でも、後はいつもの通り!(お水もあり)もう、本当にすごい。

負けるなはリハで水までは、できなかったから、
青い銀河の夜では、鉄砲打ちみたいにしようと思います(笑)      

ジェットコースターに乗った人?
ジェットコースターに向かって、”ばかー”とか”死ぬぞー”と
言ってみようか?


2年間いろいろ学びました。いつか、幻だったと笑えたらいい...

誕生を感じてほしい...

とりあえず、(強調して)本編のラストだから。

14 love & peace

今回のライブで歌われるのでは?と密かに
予想していました。


アンコール 徳永さん&メンバーさん、記念品のTシャツに着替えて登場。

強制したわけでは、ありません。自主的に...。

最前列の記念品Tシャツを着ている男性4人に、どこから来たの?(名古屋!)
名古屋はカレーうどんとか手羽先がうまいね。
最近、ちょっと落ちたけど。他は?(広島、大阪、福岡etc たくさん)
そこの男の人、白いねー。あまり遊んでないんやろ?東北?など、
客席とのやりとりもありました。

15 愛のカタチ

男性を見ながら歌ってしまったらしく、途中吹きだしてました。
やっぱり、男見ながらは歌えんわ...。

アンコール2

ダブルアンコールは、青い銀河ではやらないから。
西脇さん出てきたときに、デジカメ片手に登場。
客席を撮影しているのを見て、
どうせまた、自分のHPに載せるんだろ~。今日中にアップしろよ。
言われた西脇さん、ステージから徳永さん(客席に背中を向けて)
&客席を何枚か場所を変えて撮影。途中、わざとそこはいいのと
徳永さんしらないふり。(後でちゃんと撮ってもらってました)

16 夢を信じて

ファンのみんなには感謝してます。本当にありがとう!
みんなの気持ち伝わったよ。

みんなで、おめでとう!と言って。せーの!(客席)おめでとう~!!

みんな、一緒に歌ってもいいよ。今日は晴れてないね...

17 君の青

5月と言えば、やっぱり、この曲ですよね。

愛をください

ラストのこの胸に僕は僕の~のサビから。
最後に「愛をください!!」と叫んでフィニッシュ。

メンバーさんとカーテンコール。
青い銀河で会いましょう。みんなありがとう~。


終わったのは、17:20頃でしょうか。

私は、今回のライブは、空や風の入った、開放感が感じられる曲が
多いかなとは、予想していたのですが、ここまで、アップテンポな曲を
歌ってもらえるとは思ってもいませんでした。

今回のライブ、いろんな意味で、たくさんの”愛”をいただきました。

愛をくださいからの曲が中心だったけれど、
「ファンのみんなには感謝している」とMCでも言われていたけど、
本当にそんな思いを、そのまま選曲してあったんだな…と感じました。
   

さて次は、8/7(土)にあったばかりの、赤い太陽の日2です。
また会いましょう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック